手外科センター

手外科センター

平塚共済病院整形外科では、平成21年4月より坂野裕昭部長が就任するとともに、手外科専門の外来を開設します。
診療は、横浜市立大学整形外科教室および横須賀北部共済病院などの関連病院において、整形外科のなかでも特に手外科の分野の経験豊富な医師があたり、専門的な治療を行います。

 

手外科とは

手外科は上肢の外科とも表現され一般に肩から下の部分、上腕、肘、手関節、指などの上肢全体を専門とする分野です。手は骨、関節、神経、腱、血管、靭帯、 筋肉などから構成され複雑で繊細な構造を持っています。そのため、小さな怪我でも、手が使えなくなると日常生活が非常に不便になり、手が生活にいかに重要 であるかに気付かされます。このため、手外科診療では、このような手の特殊性に精通し、かつ、専門的な知識と技術を有している医師から治療を受けることが 大切です。

 

手外科センター長・副院長 坂野裕昭

坂野部長このたび、平塚共済病院整形外科内に、手外科センターを開設するとともにセンター長に就任することとなりました。私は、横浜市立大学整形外科、横須賀北部共済病院にて約20年の間、手外科診療に携ってまいりましたが、平成14年より横須賀北部共済病院にて手外科センターとして手外科を中心に診療を行い、広い地域より患者さんに来院頂きました。この実績を踏まえ、平成21年4月より当院に赴任し、地域医療に貢献すると同時に手外科を専門に診療を行うこととな りました。平成19年度より手外科専門医制度が発足し、私も手外科専門医として、また、当院が日本手外科学会より手外科専門医の研修基幹病院として認定されましたので平成21年4月の当院赴任と同時に、整形外科に手外科センターを開設しました。手外科関連の外傷疾患はもとより広く上肢の外科と位置づけ診療と研究を行ってまいります。当院での手術は関節鏡、創外固定術、手術用顕微鏡、人工骨などを用いて低侵襲で確実なものを行うことをモットーとし、また、術後成績に重要な手のリハビリについては、医師と作業療法士カンファレンスを行い、手術法、治療内容の細かな指示について検討、確認を行ってまいります。

 

※詳細はこちらのページをご覧ください。

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.