がん看護
ページの目次

緩和医療外来

緩和医療外来・緩和ケアチームのご紹介

「緩和」とは・・・

がん看護 緩和ケア平塚共済病院は、がんに対する治療を積極的に行っています。
がんの治療中や療養中には、様々な苦痛が生じています。近年、これらの苦痛を「緩和する医療」が、がんの治療と並行して提供されるようになってきています。

当院では「緩和ケアチーム」が、主治医や病棟のスタッフと連携して、患者さん・ご家族の苦痛を緩和して、治療や療養のサポートを行っています。
そこで,平成23年1月より、緩和医療外来を開始しました。緩和ケアを必要とする入院患者さんを対象に、毎週木曜日(午後)に依頼を受けて活動しています。具体的な対象としては、

  1. がんによる痛みのコントロールが不良な患者さん
  2. 医療用麻薬による副作用が強く、痛みのコントロールが困難な患者さん
  3. 痛み以外の辛い身体症状のコントロールが必要な患者さん
  4. 精神面での不安が強く、治療や入院生活に支障をきたしている患者さん
  5. 鎮静を必要とする患者さん(鎮静とは、苦痛緩和を目的として、意識を低下させる薬剤を投与すること)
  6. 社会的問題(仕事や経済的な問題)を抱えている患者さん
  7. 社会的な問題など諸事情で、なかなか自宅に退院できない患者さん

です。

kanwa01実際の活動内容は、医師・看護師・訪問看護師・薬剤師・栄養士・メディカルソーシャルワーカーが緩和ケアチームとして集まり、入院患者さんの緩和ケアに関する問題を、主治医や病棟看護師から依頼を受け、緩和ケアチームと病棟スタッフで話し合い、整理します。その後、実際に患者さんのベッドサイドへ伺い、辛い症状や入院中の希望を叶えられるように話しを聞いていきます。毎週、病棟看護師や主治医と相談しながら、少しでも辛い体の症状や気持ちの落ち込みがよくなる治療や看護ケアを一緒に考えながら提供していきます。

現在は入院患者さんとその家族が対象となっていますが、外来通院中の患者さん、またはそのご家族で、緩和医療外来の受診をご希望の方は主治医にご相談ください。
「話を聞いてほしい」という相談内容でもかまいません。入院中の患者さま・ご家族も、緩和ケアチームに相談してみたいという方がいらっしゃいましたら主治医、または入院病棟の看護師に是非ご相談ください。




 ★ 2016年度緩和ケアチーム実績
     ⇒こちらをクリックしてご覧ください。【PDFファイル】



緩和ケアチーム

メンバー
医師 小林 亜紀子 看護師 佐藤 文子
理学療法士 伊藤 あかね 鈴木 ゆりえ
作業療法士 植木 有恵 野口 絵美
臨床心理士 津村 麻紀 訪問看護師 春木 教子
薬剤師 佐々木 豪貴 ソーシャルワーカー 綿引 朋子
栄養士 佐藤 哲男 医療福祉相談室 がん相談員 松元 恵津子

kanwa03

 

ストーマ外来

ストーマ外来とは・・・

当院のストーマ外来は、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)をお持ちの皆様の日常生活がより快適に過ごせるよう、手術前と同じ生活が出来るよう、お手伝いしております。
現在、当院で手術される患者様に対して、入院前から入院中、退院後も長期にわたりサポートを行なっております。
ストーマや皮膚のケア、その他の様々な悩み事のご相談をお受けします。

受診方法

  1. 当院で手術した患者様
    担当医師の受診日に合わせてフォロー致します。
    受診日以外で希望される場合は外科・泌尿器科外来に連絡をいただくか、ストーマ外来担当に連絡をいただく形とする。
  2. 他院で手術した患者様
    紹介状持参をお願い致します。

    stoma01


場所 外科泌尿器科外来
担当 医師、皮膚・排泄ケア認定看護師
費用 再診料、指導料、処置料

内容

  • 手術前のケア(ストーマの説明、日常生活について)
  • 手術後の定期的なフォローアップ
  • ストーマやストーマ周囲のスキンケア方法、装具交換方法、トラブルの対処と予防法
  • 一人一人にあったストーマ用具の紹介
  • 日常生活の悩みの相談
  • 社会保障の相談
  • 患者会の紹介

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.