がん相談

がん相談

「がん相談」について

「あなたはがんです」と告知された時から、今までの生活や取り巻く環境、目にするものや聞こえてくることまでが一変するのではないかと思います。平常心ではいられず、わからない事だらけの出来事に不安と悩みで落ち着かない日々を過ごされているのではないでしょうか? 

皆様が個々に抱えている不安や悩みの相談に応じる役割を、医療連携支援センターがん相談が担います。

 社会福祉士、看護師、事務員が相談内容に応じて対応させていただきます。


【相談対応の一部】

1. 告知後の漠然とした不安
2. 治療や副作用、検査についてもう少し理解したい
3. 医療費・経済的な負担に関する心配
4. 介護相談を含めた在宅療について知りたい
5. 療養先の相談(ホスピス・緩和ケア病棟の紹介)
6. 緩和ケアに関すること
7. ピアサポート活動・患者サロンの紹介(同じ体験をした人と話したい)
8. セカンドオピニオンについて
9. 遺伝子検査(ゲノム医療)について知りたい
10. がん治療による、将来の妊娠・出産に関する影響が心配
11. 仕事と治療の両立について知りたい

 

 相談料はかかりません。平日の日中のみ対応いたします。

当院かかりつけでない方・匿名希望の方も相談に応じます。

遠慮なく、医療連携支援センターの窓口へご来院ください。

お電話でも対応します。

 
代表番号 0463−32−1950

 

乳がん情報提供室

 毎週3回(月・火・木曜日)開設しており、そこで乳がん体験者コーディネーター(BreastcancerExperiencedCoordinator;通称BEC)によるサポートを行っています。

「乳がんですね・・・」そう言われた時、頭の中が真っ白になり、そのうち涙が止まらなくなりました。私自身が「がん」になるとは思ってもいませんでした。何も分からず不安を抱えていた経験から「同じような経験をした人に寄り添い支えたい」と思い、CNJ認定 乳がん体験者コーディネーターとして、ピアサポート活動をしています。

「がんと言われて不安な気持ちを誰かに聞いてもらいたい・・・」「家族や職場にどう話したらいいの?」「再発への不安な気持ちを誰かに話してみようかな・・・」体験者になら話してみようかな、この不安、この迷い、このつらさ・・・。

一度お話ししてみませんか?少しだけ気持ちが楽になるかもしれません。
ご希望の方は外科受付、または医療連携支援センターにお声かけください。

CNJ認定乳がん体験者コーディネーター BEC 吉田 久美

 

 

Event

乳がん情報提供室では、さまざまな催しを開催しております。

 

乳がん術後のリハビリ体操

乳がん術後は誰でも、関節の痛みやだるさ、不安や落ち込みで毎日がゆううつになりがちです。仲間と一緒に楽しく心と体をほぐしませんか?

012012年3月より、乳がん術後リハビリ体操(楽動体操月に1回(火曜日)開催しております。激しい動きではなく、やわらかいボールを使って身体全体をほぐします。

 ⇒ 楽動体操については、こちらをクリックしてご覧ください。

 

 

お知らせ

 

★「乳がん患者さんの楽動体操」

 内容詳細はこちらをクリックしてご覧ください。(毎月1回火曜日募集中)

 

★「ヨガ」 (全てのがん患者さん対象)

 内容詳細はこちらをクリックしてご覧ください。(毎月1回火曜日募集中)

 

吉田久美さんの ガーゼ帽子を縫う会 ホームページをご覧ください。

外科のページ

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.