臨床工学科(ME)

臨床工学科(ME)

臨床工学科スタッフ

私たち臨床工学技士は、病院内にある全ての医療機器が安全に使用され、いつも正確に動作するよう日々努力しています。現在、16名の臨床工学技士で人工心肺装置や人工呼吸器、血液浄化装置などの生命維持管理装置の操作、および病院内の様々な医療機器の管理・保守点検を行っています。

ME室業務

人工呼吸器やベッドサイドモニタ、シリンジ・輸液ポンプなど様々な医療機器の中央管理・保守点検を行っています。


 機器の貸出や返却などの在庫管理については医療機器管理システムを導入して機器の使用状況などを把握し、効率的な医療機器の運用に役立てています。
また、ポンプチェッカーなどの専用の点検機器を用いて、機器を安全に使用できるよう定期的なチェックを行っています。

01

0203

04毎日病院内をラウンドし、人工呼吸器・血液ガス分析装置などの日常点検メンテナンスを行っています。

各医療機器の使用方法や運用方法に関する勉強会を、新入職員や研修医を対象に定期的に行っています。

0506

手術室業務

07弁置換術などの心臓を止めて行わなければならない手術に必要な人工心肺装置の操作、また、冠動脈バイパス術で使用されるフローメーター・術中造影装置(SPY)の操作を行います。

その他、電気メスや自己血回収装置などの手術室の医療機器がいつも安全・確実に動作するよう保守点検を行っています。


0809

血液浄化業務

当院の透析センターは、ベッド数28床で月・水・金、火・木・土とも2クールで稼動しています。

臨床工学技士は、透析装置の操作・洗浄・定期メンテナンスを中心に、透析液供給装置・RO装置の保守管理や透析液の水質管理を行っています。また、穿刺・返血などの臨床業務も行っています。

血液透析以外にも、血漿交換・血液吸着などの各種血液浄化や、病棟での出張透析も行っています。

 11

13

心臓カテーテル業務

心臓カテーテル室では、冠動脈造影や心内圧測定などの検査や冠動脈インターベンション(PCI)、カテーテルアブレーションやペースメーカ植え込みを行っています。

臨床工学技士は、心電図や心内圧など各種生体情報のモニタリング・記録・解析・データ管理を行っています。また、血管内超音波装置(IVUS)、ロータブレータ、除細動器、体外式ペースメーカ、IABP、PCPSなど周辺機器の操作および保守管理を行っています。

カテーテルアブレーションでは、心内電位の記録や、高周波発生装置(アブレータ)・心臓刺激装置(スティムレータ)・3Dマッピングシステムの操作および保守管理を行っています。


1416

ペースメーカ業務

17ペースメーカ植え込み時やフォローアップ時に、ペースメーカプログラマを操作しペーシング閾値や心内電位波高値、電池寿命などの各パラメーターの測定を行っています。

その他の業務

18肝がんに対する経皮的ラジオ波焼灼治療(RFA)を行う際に立ち会い、必要な機器の操作を行います。

19院内各所に設置されている計10台の自動体外式除細動器(AED)について、定期点検・使用時のデータ抽出・消耗品の補充を行い、管理しています。

2120現在、当院は6校の臨床工学技士養成学校の臨床実習病院となっており、臨床実習生に対する指導を行っています。

スタッフ 18名 (男性:14名、女性:4名)
国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.