臨床検査科

臨床検査科

 

一般検査

一般検査とは血液以外のあらゆる検体をあつかう部門です。
おもな検体は、尿、便、腹水、胸水、髄液などです。
これらの検体の成分分析や、細胞の検査をしています。
ちょっと地味な存在ですが、なくてはならない大切な部門です。

おもな検査項目

【尿検査】

尿検査

  • 尿定性・定量検査
    尿定性・定量検査尿は血液中の老廃物がろ過され、体外に排泄されたものです。一日に約1.5リットルの尿が作られます。尿の成分を調べることによって、からだの異常が早期に発見できます。

尿定性検査 比重、PH、タンパク、ブドウ糖、ケトン体、潜血、ウロビリノーゲン、
ビリルビン、亜硝酸塩、白血球反応
尿定量検査 タンパク、糖

  • 臨床検査尿沈渣
    尿中の細胞を調べる検査です。どのような細胞がどのくらい出ているのかを顕微鏡で観察します。
    腎臓や膀胱などの病気のときに重要な検査です。

【糞便検査】

  • 潜血反応
    消化管からの出血を調べる検査です。特に大腸がんの早期発見に欠かせない検査です。
  • 虫卵検
    査寄生虫卵の検出を行います。

【髄液検査】
髄液の成分分析や、細胞の検査を行います。
髄膜炎の診断に欠かせない検査です。

【腹水・胸水検査】
腹水や胸水の成分分析や、細胞の検査を行います。

分析検査

皆さんの血液が、どんな風に検査されるのか、検査でどんな事が分かるのかお話します。

分析検査1分析検査2

検査の流れ

分析結果

  • 検体受付採血管に貼ってあるバーコードを読み取って、患者情報や検査内容を取り込みます。
  • 遠心分離検査に適した採血管に採られた血液は、遠心分離機にかけられて血球と血清(血漿)に分けられます。上層の黄色の部分が血清(血漿)です。主に検査に使われるのは血清ですが、一部の検査では血球が使われる事もあります。
  • 分析血清分離の終わった血液は分析機で測定されます。検査項目によって、いろいろな分析機が使用されます。
  • 検査結果の確認・報告測定結果は、分析が正しくおこなわれたかどうか、前回値と大きく違っていないかを確認し、必要ならば再検査します。検査結果が診療科のコンピュータに送信されます。

生化学検査

生化学検査血液や尿に含まれているいろいろな成分を、化学的に分析するのが生化学検査です。
それぞれの成分の濃度を測定することによって、からだのどの部分に異常があるのか知ることができます。

主な検査項目

肝機能 総蛋白、アルブミン、蛋白分画、GOT(AST)、GPT(ALT)、LDH、ALP、γ(ガンマ)ーGTP、CHE、TTT、ZTT、ビリルビン
腎機能 尿素窒素、クレアチニン、尿酸、Na、K、Cl、Ca、IP
膵機能 アミラーゼ、リパーゼ
心臓・筋疾患 CK、CK-MB
脂質代謝 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪
糖尿病関連 血糖、HbA1c

免疫血清検査

人間は、外部から入ってきた異物(病原体など)に対して、「免疫」という防御機能でからだを守ります。
このときからだの中でつくられるのが、「抗体」といわれるタンパク質です。
「抗体」を調べることで、病気にかかっているかどうかを知るための検査が、免疫血清検査です。
このしくみを利用して腫瘍マーカーや血中薬物濃度の検査も行っています。

免疫血清検査

主な検査項目

感染症 肝炎ウイルス(A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎)、梅毒検査、寒冷凝集反応、マイコプラズマ、ASO
自己免疫 リウマチ因子
腫瘍マーカー AFP、CEA、CA19-9
血中薬物濃度 フェノバルビタール、フェニトイン、カルバマゼピン、テオフィリン、ジゴキシン

血液検査

血液は血球といわれる細胞と、血漿といわれる液体でできています。
血球は赤血球・白血球・血小板に分類されます。

【赤血球】
体内に酸素を取り込み二酸化炭素を排出します。
【白血球】
生態を制御するはたらきがあります。
【血小板】
血液を固めるはたらきがあります。
【血液算定検査】
血球数を測定します。
【血液形態検査】
血球の形態に異常がないか、また異常な細胞が出ていないか顕微鏡で確認します。
【骨髄穿刺検査】
血液は骨の中の骨髄で作られています。
血液算定検査や形態検査で異常がみられる場合、骨髄での血球生成状態を見るための検査が必要になります。
【凝固線溶検査】
血液を固まらせるには、血小板と血漿中に含まれる凝固因子によるはたらきが必要になります。
それらのはたらきが正常に行われるかどうかを検査します。

細菌検査室

細菌検査室では、喀痰、咽頭粘液、便、尿、胸水、腹水、性器分泌物、血液、膿、臓器などさまざまな材料(=検体)で検査を行っています。

検体を受け付けると

検体の中から病気の原因となる菌(=起炎菌)を見分け、菌の名前を判定します(=同定)。
喀痰や便にはもともとたくさんの菌が存在しますが、その中から起炎菌を見分けます。
さらに、その菌に効く薬(=薬剤感受性)を調べます。

緊急を要するとき

血液や髄液には本来細菌はいません。
無菌的な検体に菌がいることが分かったら直ちに医師に報告しています。
今話題の結核菌も塗抹検査という方法で陽性の場合直ちに医師に報告しています。
塗抹検査が陽性ですと他のひとに感染させる危険性が高いといえます。

スタッフ 3名

生理機能検査室

次のようなときはぜひ臨床生理検査を!

胸痛・動悸・息切れ・脈の乱れなどありませんか? 心電図検査
息切れ・咳・痰が出やすいなどありませんか? 肺機能検査
画像診断(心臓・腹部・乳腺・甲状腺・血管系) 超音波検査(エコー)
頭が痛い・眠れない・めまい・意識消失発作などありませんか? 脳波検査
手足の痛み・しびれなどありませんか? 筋電図検査
血圧脈波検査

心電図検査

不整脈や狭心症の疑いがあるか調べます。

【負荷心電図(マスター二段階テスト、トレッドミルテスト)】
階段やベルトコンベアで運動して、心電図の変化をみます。

  seiri01

【ホルター心電図(24時間心電図)】
24時間心電図の電極を付けて、日常生活の中の異常を見つけます。

肺機能検査

閉塞性疾患(COPD)、拘束性疾患(肺線維症など)、喘息を判定します。
肺活量、努力性肺活量、残気量、肺拡散能などを測ります。

  seiri02seiri03

超音波検査(エコー)

超音波で画像診断をします。

  seiri04

1.【心エコー(パルスドップラー)】
心電図ではわからない心臓の動きや、大きさ、血流の状態がわかります。


2.【腹部エコー】
肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓などを見ます。
(画像:左から肝臓、腎臓)

  seiri08seiri09
3.【その他のエコー】
頚動脈、甲状腺、乳腺、末梢血管などを見ます。
(画像:左から頸動脈、甲状腺)

  seiri10seiri11

脳波検査

  seiri12seiri13

頭に電極を付けて波形を記録します。

【覚醒、睡眠脳波】
覚醒時と睡眠時の脳波を記録します。

【聴性脳幹反応(ABR)】
脳幹への音の伝わる時間を検査します。

筋電図検査

【神経伝達速度(NCVなど)】
末梢神経の障害などを調べます。

【針筋電図】
神経の障害を調べます。

【術中モニタリング】
手術中に神経の状態を監視し、合併症を予防します。

血圧脈波検査

【ABI】足関節上腕血圧比
動脈硬化を評価します。(健康診断)
閉塞性動脈硬化症(ASO)の検出、診断をします。
糖尿病、高血圧、高脂血症の動脈硬化の判定をします。

【SPP】皮膚灌流圧
末梢動脈の血流を評価します。

睡眠時無呼吸検査

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)

  • SAS簡易法 ・・・自宅で検査
  • PSG検査  ・・・一泊入院にて検査


生理機能検査実績 (実施件数)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
心電図 13,533 13,789 14,400 14,212 14,132 14,366
ホルター心電図 1,160 1,191 1,152 1,082 1,157 1,150
肺機能スパイプログラム 3,162 3,281 3,431 3,507 3,781 3,858
脳波 486 514 551 540 510 542
ABI 624 825 1,084 1,139 1,526 1,407
心エコー(経食道心エコー含む) 3,106 3,402 3,276 3,292 3,485 3,354
血管エコー(頸動脈他) 513 921 1,066 1,193 1,181 1,290
甲状腺・マンマエコー 1,876 1,968 1,939 1,922 1,648 1,707
PSG(簡易法含む) 240 315 326 332 275 298

 PSG=睡眠ポリグラフィー

スタッフ 臨床検査技師 10名
超音波検査士
  循環器 3名、 血管 1名、 腹部 1名、 体表臓器 2名、 泌尿器 1名
事務 1名

「がん診療について」のページへ

病理検査室

病理検査とは

byouri01病気の診断や原因の究明を目的として、手術または検査の目的で採取された臓器、組織、細胞などを対象に顕微鏡等を用いて詳しい診断を行うことです。

診断は病理学会認定の病理専門医が行っています。

病理診断のいろいろ

  • 細胞診断
  • 生検組織診断
  • 手術で摘出された臓器、組織の診断
  • 手術中の迅速診断
  • 病理解剖

【細胞診断】
人体から剥離された細胞や腫瘍を穿刺して、採取した細胞の顕微鏡標本を細胞検査士と病理医により報告書が作成されます。

byouri02
喀痰中に見られた腺がん細胞   
パパニコロウ染色    
尿中に見られた尿路上皮がん細胞
パパニコロウ染色

【生検組織診断】

胃、大腸や肺の内視鏡検査を行った際に病変の一部をつまみとり標本にします。
この検査を「生検」といい、その診断を生検組織診断と呼びます。

byouri03
内視鏡で採取された2mm大の胃生検の組織像


【手術で摘出された臓器、組織の診断】
摘出された組織は、病理医が肉眼で病変の部位、大きさ、性状、広がりを確認し、診断に必要な部分を必要な数だけ切り取ります。
国家資格を持つ臨床検査技師がこの臓器、組織の顕微鏡標本をつくります。
病理医が標本を顕微鏡で観察し、どのような病変がどれくらい進行しているのか、がんの場合、タチの悪さや転移の有無などを診断します。

【手術中の迅速診断】
手術前に病理診断がつかない場合や病変の広がり等を確認したい場合は術中迅速診断が行われます。
術中迅速診断では、手術中に採取された病変組織は15分程度で病理診断が行われます。
診断結果は執刀医に連絡され、手術方針が決定されます。
病変がとりきれたかどうかの確認のため、手術によってとりだされた臓器、組織の断端を調べたり、がんの転移が疑われる部分を調べて手術で切除する範囲を決めたりするときにも、術中迅速診断は役立ちます。

【病理解剖】
ご遺族の承諾のもとに、病死された患者さんのご遺体を解剖させていただくのが病理解剖です。
生前の診断は正しかったのか、病気の進行状態、治療の効果、死因は何か、といったことを判断します。

組織検査

内視鏡などによる生検組織、手術により摘出された臓器を肉眼所見、顕微鏡標本(一般染色標本)を観察し病理医により病理診断報告書が作成されます。
一般染色で観察できないものは次の染色が追加されます。

  • 特殊染色
    いろいろな色素を用い目的の組織、細菌、細胞の構造物などを着色させる。
  • 免疫組織化学染色
    抗原抗体反応を利用して細胞骨格、細胞成分、ホルモン、腫瘍関連抗原、免疫グロブリンなどを検出する。
  • 蛍光抗体染色
    蛍光色素を抗体のマーカーとして用い蛍光顕微鏡を使い観察する。

組織標本ができるまで

当院では生検組織検体は採取から病理診断報告まで早くて3日間、平均で1週間かかります。
手術検体に関しては、1週間~2週間かかります。

  当日 検体採取 ホルマリン固定
  2日 検体処理
  3日 標本作成
  4日 鏡見 病理報告書作成
  5日 診断報告

病理診断までの作業の流れ

byouri04
①ホルマリン固定された手術検体 → ②切り出し → ③切り出し(割面写真)
 → ④パラフィン包埋 → ⑤パラフィンブロック作製 → ⑥薄切 
 → ⑦染色、封入 → ⑧鏡見、病理診断

病理検査検体数

2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
組織検査 4,405 4,327 4,015 4,352 4,697 4,534 4,698 4,743 4,078 3,780
術中迅速検査 58 74 74 64 72 65 67 82 74 82
細胞診検査 6,896 6,646 6,285 5,955 6,123 6,252 6059 5,318 4,965 4,964
病理解剖 18 18 10 10 10 12 9 13 12 8

スタッフ 臨床検査技師 4名(うち細胞検査士3名)
常勤病理医   1名
非常勤病理医 5名(各医師週1回)



「がん診療について」のページへ

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.