診療方針

当科では主に消化器、乳腺・甲状腺、呼吸器などの悪性腫瘍の手術・化学療法、および胆石、鼡径ヘルニア、肛門疾患、気胸等の良性疾患の外科治療を行っています。当院は急性期病院であり、外科もその一翼を担うべく二次救急施設として、急性虫垂炎や消化管穿孔を初めとした腹部救急などの外科的治療を行っています。当科は各学会指導医、専門医を中心に高度な医療を行っており、また横浜市立大学外科治療学教室の関連施設であり、神奈川県立がんセンターとの人事交流もあります。さらに全国規模の臨床試験(⇒治験(臨床試験)のページをご参照ください。)にも積極的に参加しています。

診療の基本方針は、EBM(Evidence-Based Medicine)に基づき、十分なインフォームドコンセント(現在の病状や治療法に関する詳しい説明)のもとに、一人ひとりの患者さんごとの異なる状況を考慮して診療することを第一としています。医師は最新の情報・診療技術の習得に努め看護師、検査技師、放射線技師、薬剤師、事務職員などのコメディカルとのチームワークを大事にして、患者さんの権利を尊重し、安全に配慮した質の高い診療を心がけています。

 

特徴

専門医による診療

当科では、消化器外科、乳腺内分泌外科、呼吸器外科のそれぞれ専門医が集まり、それぞれが独立することなく一つの「外科」チームを作成し、協力し合い診療にあたっております。これは診療の際に、ひとつの疾病だけを診るのではなく、その疾病に罹患した「人間」そのものを多角的に診る必要があると考えているからです。これにより当科では安全でかつ患者さんのニーズに答えられる幅の広い外科診療の提供ができていると考えております。また消化器内科・呼吸器内科との合同カンファランス・キャンサーボードは毎週行い、神奈川県がん診療連携指定病院としてのクオリティの高いがん診療に努めております。また365日24時間常に手術ができるよう外科チームとして待機しており、地域医療としての救急にも大きな力を注いでおります。
一方でそれぞれの専門性の質も定評があり、消化器外科領域では2人の日本内視鏡外科学会技術認定医(胃・大腸)が在籍しており、ひとつひとつの手術に対してその根治性・安全性・侵襲の程度等をよくdiscussionして決定しております。また最近いろいろと話題となっている乳腺診療では、日本乳癌学会専門医が、その診断から手術・薬物療法などの治療、そして緩和医療に至るまでのすべての段階で、責任を持って個々の患者さまのニーズにお応えできる診療を行っております。呼吸器外科では手術の不安を少しでも解消頂けるように、本人やご家族には通常複数回に分けてく詳しく呼吸器外科専門医が手術の説明を行っております。さらに2017年度より他院からそれぞれの専門医に来て頂くこととなり、手術の必要な甲状腺疾患や内痔核などの肛門疾患も積極的に診療させていただいております。
ガイドラインやエビデンスに基づいた外科診療が重要であることはもちろんのことですが、何より患者さまやそのご家族に納得ご理解いただく診療を行うことがより重要であり、外科医一同適切なインフォームドコンセントを行うことに心血を注いでおります。

 

地域に密着した診療

当院は地域医療支援病院であり、地域に密着した医療をめざしています。
患者さんの多くは平塚市、大磯町、二宮町の方ですが、そのほか伊勢原市、厚木市、秦野市、茅ヶ崎市、藤沢市、足柄上郡、小田原市などの方もおられます。このうちおよそ8割が院内・院外から紹介されたか患者さんですが、紹介状のない方や緊急手術にも対応しています。当科は年間を通して毎日外科医が待機しており、時間外でも外科スタッフによる対応が可能です。術後、安定期にはいったら、紹介医またはご希望の地域医療機関へ逆紹介しており、入院治療または精密検査が必要な折はいつでも対応できるように連携を緊密にしています。

  • 平塚市の胃がん・大腸がん検診判定会、乳がん検診マンモグラフィ判定会、肺がん検診X線判定会、中郡の消化器疾患研究会に外科も参加し、医師会の先生方と交流しています。
  • 平塚医師会・平塚共済病院合同臨床懇話会(年2回)、平塚医師会臨床医学会(年1回)が当院で開催され、地域医療機関との連携を深めています。

 

“病気を治す医療”から“患者を治す医療”へ

いままでの外科は病気を治す手術をすることだけを中心に考えがちでしたが、私たちは、きれいな傷、痛みの少ない手術にもこだわっています。それは手術をうける方にとっては、傷のことや痛みのことに対する不安は、病気に対する不安と同じくらい大きいものと考えるからです。
術後の疼痛対策として麻酔科の協力の下、PCA(患者さんが自分で痛みをコントロールする)という方法をおこない、それでも痛みがあるときは、他の鎮痛剤を併用し早期離床をめざします。がん治療においては、手術療法だけでなく、化学療法や放射線療法も積極的にとりいれて、患者さんひとりひとりの状態にあった最善の治療法を選択し提案するようこころがけています。
外科の化学療法の実績は外来治療センターに掲載されています。また、緩和医療も積極的におこなっており、がん性疼痛にも十分対応することができます。

消化器外科

日本消化器外科学会の定める関連施設であり、日本消化器外科学会専門医の育成、指導にあたっています。
消化器外科は、胃がんや大腸がんなど消化器のがんに対する手術、胆石症に対する手術、肛門疾患に対する手術、そけいヘルニアに対する手術などの予定手術や、急性虫垂炎、消化管穿孔などによる腹膜炎、腸閉塞(イレウス)といった急性腹症に対する腹部救急手術などを行います。

 

乳腺内分泌外科

日本乳癌学会の定める認定施設であり、日本乳癌学会乳腺専門医・認定医の育成、指導にあたっています。
乳腺内分泌外科は主として乳がんなどの乳腺に対する治療及び甲状腺疾患に対する手術を行います。

 

呼吸器外科

呼吸器外科専門医制度における関連施設であり、呼吸器外科専門医の育成、指導にあたっています。
呼吸器外科は主に肺がんなどの肺腫瘍に対する手術、自然気胸に対する胸腔鏡下手術、胸腺腫や神経鞘腫(神経原性腫瘍)などの縦隔腫瘍に対する手術を行います。


※当院では患者さんのデータを登録する全国データベース事業NCD(National Clinical Database)に参加しています。
  詳しくはこちらをご覧ください。

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.