皮膚科

皮膚科

診療方針

当科では、皮膚疾患全般に関しての診療を行っています。
近隣の医療機関とも連携しており、地域医療支援病院として入院治療や手術などにも対応しております。 院内他科との連携も図り、皮膚に関わる全身の疾患に対処することを心掛けております。
また、皮膚疾患の治療のみならず、皮膚疾患の予防対策、ちょっとした肌トラブルの相談なども承っております。

主な対象疾患と診療内容

当科では、皮膚疾患全般に関しての診療を行っています。
主な対象疾患は以下のとおりです。

アトピー性皮膚炎

確立された標準的治療とスキンケアの指導により総合的な治療を行います。
重症例の入院治療、短期のスキンケア入院も行っております。
既存の治療が無効な重症例には、生物学的製剤(デュピクセントⓇなど)による治療を行います。

ウイルス感染症

麻疹、風疹、帯状疱疹など、検査・診断・治療をします。
重症度に応じて入院対応をします。

乾癬

外用および内服療法(シクロスポリン、PDE4阻害薬など)、生物学的製剤による治療を行います。

膠原病

全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群など自己免疫疾患の検査・ 診断・治療を他科と連携して行っています。

細菌感染症

伝染性膿痂疹、丹毒、蜂巣炎など、検査・診断・治療をします。
発熱、疼痛などにより入院加療が必要な場合があります。

尋常性白斑

原因精査、外用および内服治療、植皮術などを行います。

スキンケア

美容皮膚 のページをご覧下さい)
にきびなどの肌トラブルについてはお気軽にご相談下さい。
症状に応じてスキンケア指導やピーリングなどを行っています。
レーザー治療(シミ、ホクロ、シワなど)も行っています。

水疱症

検査・診断・治療をします。
重症度に応じて入院対応をします。

脱毛症

原因精査、外用および内服治療などを行います。
男性型脱毛症に対しては内服薬(プロペシアⓇ、ザガーロⓇ)の処方も行っています。

熱傷

軽症から入院の必要な中等度熱傷まで治療を行っています。

皮膚潰瘍・褥瘡

洗浄、軟膏などによる処置、閉鎖密閉療法、植皮術などを行います。マゴットセラピーはご相談下さい。
潰瘍の原因となる疾患について、他科と連携して精査・治療にあたります。

褥瘡に形成されたポケット部分の切開が必要な場合は 医療連携支援センター より紹介予約をお取り下さい。 日帰り処置も可能です。

皮膚外科手術(日帰り・入院)

イボやホクロ、粉瘤などの切除術を日帰りで行っています。サイズ・性状によっては入院対応をしています。

皮膚腫瘍

皮膚腫瘍の良性・悪性を診断し、必要に応じ手術いたします。
種類によってはCO2レーザーの治療も行っています。
エコー、CTなどの画像検査、色素病変ではダーモスコープ検査を行っています。
腫瘍の性状・経過に応じ、他院と連携しています。

巻き爪(陥入爪)矯正

巻き爪の保存的治療のほか、超弾性ワイヤーによる矯正を行っています。

薬剤アレルギー

薬疹の治療と原因薬の同定を行っています。

その他

接触皮膚炎、蕁麻疹、湿疹、外傷など

受診時のお願い

午前 一般外来、専門外来、手術、レーザー治療
午後 専門外来、手術、レーザー治療、皮膚検査(パッチテストなど)

診察は、予約・紹介患者さんを優先しております。
予約外の方の診察は、予約の方の診察終了次第(11時以降)となります。
紹介状をお持ち下されば、ご予約と同じになります。


*専門外来、手術、レーザー治療、皮膚検査(パッチテストなど)は予約制です。
*専門外来はアトピー性皮膚炎、乾癬、水疱症などの慢性疾患と、ピーリング などのスキンケアを対象としています。
外来担当表記載の診療担当医は都合により変更する場合があります。 ご了承下さい。
*他医療機関からのご紹介の際には医療連携支援センター をご利用いただくと、受診予約をお取りいただけます。

診療実績

2017年度診療実績
[年間延外来患者数] 12,793人
[年間延入院患者数] 1,864人
[手術件数] 229人/年

スタッフ

医師
竹林 英理子  たけばやし えりこ
種子島 智彦  たねがしま ともひこ
中河原 怜子  なかがわら りょうこ

(2018年4月1日現在)

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.