耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

診療方針

 

地域の中核病院として耳鼻咽喉科や他科の開業医院・診療所との病診連携や大学病院などとの病々連携を担い、みみ・鼻・のどや頭頸部疾患の一般診療から専門的診療に幅広く対応しています。患者さんには必要に応じて血液検査やレントゲン写真・CT・ファイバースコープなどの画像検査結果を示し検査結果や病態をわかりやすく説明しています。
おもに外来での外科的処置や入院での治療及び手術を中心とした診療を行っています。

 

主な対象疾患と診療内容

 

主な対象疾患

鼻閉、嗅覚低下、鼻出血、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻たけ・アレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症、
肥厚性鼻炎、鼻副鼻腔腫瘍、副鼻腔真菌症、鼻腔異物、好酸球性副鼻腔炎、
アスピリン喘息に伴う鼻茸など
外耳 外耳道炎、真菌性外耳道炎、悪性外耳道炎、耳介血腫、耳介軟骨膜炎、外耳道腫瘍、耳介ヘルペス、
先天性耳瘻管、外耳道異物など
中耳 耳痛、耳閉感、難聴、急性中耳炎、乳突洞炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、滲出性中耳炎、耳硬化症、
外傷性鼓膜穿孔、コレステリン肉芽腫、MRSAや緑膿菌による難治性中耳炎、好酸球性中耳炎など
内耳 急性難聴、耳鳴り、めまい、突発性難聴、メニエール病、低音障害型難聴、ステロイド依存性難聴、
進行性特発性難聴、自己免疫疾患に伴う難聴、内耳炎、外リンパ漏、耳石症、
良性発作性頭位めまい症など
咽頭 摂食困難や高度熱発の急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、咽後膿瘍、伝染性単核球症、深頸部膿瘍、咽頭腫瘍、
習慣性扁桃炎、咽頭異物、咽喉頭異常感症など
喉頭 急性喉頭炎、声帯ポリープ、喉頭腫瘍、喉頭蓋のう胞、急性喉頭蓋炎
口腔 舌下腺唾石症、ガマ腫、舌腫瘍、舌炎、味覚障害など
頭頚部 耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、慢性顎下腺炎、顎下腺唾石症、側頸嚢胞、正中頸嚢胞、頸部リンパ節腫瘤、
頸部蜂窩織炎など
小児 急性中耳炎、乳様突起炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、外耳道異物、鼻腔異物、いびき、睡眠時無呼吸、
アデノイド増殖症、扁桃肥大、咽頭異物、  舌小体短縮症、先天性耳瘻管など
その他 特発性顔面神経麻痺(Bell麻痺)、Hunt症候群(耳帯状疱疹)など

 

診療内容

 

  • アレルギー性鼻炎・肥厚性鼻炎は薬物治療では改善されない場合、外来にて炭酸ガスレーザー治療を行い、鼻汁・くしゃみがさらに改善しない難治性のアレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎に対しては、鼻甲介骨切除術を行っています。

  • 慢性副鼻腔炎・鼻茸に対しては内服薬や自宅での鼻腔洗浄などの保存的治療や外来治療で完治しない患者さんに対して、全身麻酔下の鼻内内視鏡手術を施行し、ほぼ全例に良好な結果を得ています。

  • 成人の高度鼻閉に対しては、鼻中隔矯正術や下甲介切除術を内視鏡下に施行しています。

  • いびきや睡眠時無呼吸は、自宅で行う簡易型アプノモニターや一泊入院でのポリソムノグラフィーによる精査の後、中枢に異常のない閉塞型無呼吸症例に対してマスクによるCPAP治療を行っています。肥満がなく扁桃肥大が閉塞型無呼吸の原因となっている場合は扁桃摘出と軟口蓋形成術を施行しています。いびきの原因が鼻中隔湾曲症や肥厚性鼻炎による場合は鼻中隔矯正術や鼻甲介骨切除術を行っています。

  • IgA腎症の扁桃病巣感染症には腎臓内科と協力し全身麻酔下に口蓋扁桃摘出術を行っています。

  • 成人の真珠腫などの比較的治療困難な中耳疾患も、難聴専門外来を経て治療方針を決定し、良好な手術成績を得ています。

  • 小児滲出性中耳炎は合併する鼻疾患治療後に外来で鼓膜切開などの処置が困難な場合や反復性や難治症例には、全身麻酔下に鼓膜チューブ留置を行っています。

  • 乳児難聴が疑われる場合は聴性脳幹反応検査(ABR)を施行し、必要に応じて補聴器装用や人工内耳につき横浜市大やこども医療センター・平塚ろう学校・藤沢の聴覚障害センターとの連携を図っています。

  • 重症な突発性難聴・顔面神経麻痺は入院点滴治療を行っています。

  • 聴覚障害患者に聴覚障害認定の判別及び補聴器の相談を行っています。

  • 嚥下障害や誤嚥が疑われる外来患者には嚥下内視鏡検査を施行しています。入院患者には嚥下造影検査を施行し言語聴覚士によるリハビリを指導しています。

  • 頭頸部悪性腫瘍が疑われる場合は、迅速な診断の後に必要に応じて進行がんは東海大学・横浜市大・神奈川がんセンターなどの高次医療機関へ紹介しています。がん終末期の患者さんは、緩和ケアチームと協力しケースごとに外来での対応を検討し、入院加療が必要な場合は病診連携室を通じて療養型病院への紹介を行っています。

 

受診時のお願い

・なるべく開業医院や診療所からの診療情報提供書やデータとお薬手帳を持参してください。
木曜日は手術日のため、外来は休診です。

 

診療実績

 

手術件数(平成28年度)

内視鏡下副鼻腔手術40例、鼻中隔矯正術31例・下甲介切除術48例、口蓋扁桃摘出術48例、アデノイド切除術6例、
鼓膜換気チューブ留置術37例、鼓室形成術10例、鼓膜形成術3例、顕微鏡下喉頭微細手術9例、顎下腺摘出術4例、
耳下腺腫瘍切除術5例、頸のう摘出術3例、気管切開術12例、耳ろう管摘出術3件、他

診療設備
鼓膜診察および処置用顕微鏡・ビデオモニター・炭酸ガスレーザー・電子ファイバースコープ・送気ファイバー・処置用ファイバースコープ・鼻内内視鏡手術機器、エコーなど施設認定 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設

 

スタッフ

 

医師 資格
森 牧子
もり まきこ
部長
鼻副腔、耳疾患専門
筑波大学医学部卒 
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本鼻科学会会員
日本耳科学会会員
日本気管食道科学会会員
日本小児耳鼻咽喉科学会会員
笠井 理行
かさい よしゆき

医員

緩和ケア研修会修了

吉田 興平
よしだ こうへい
医員  

非常勤医師 1名(中耳専門)

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.