呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器科スタッフ集合写真

診療方針

呼吸器内科は呼吸器感染症、肺がん、肺気腫、気管支喘息、間質性肺疾患、塵肺、慢性呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群など、多彩な呼吸器疾患の診療を担当しています。いずれの疾患についても、各医師が専門領域を持ちながら、医学の進歩に応じた先進的医療を実現するために努力をしています。また日頃より、開業されている医師会の先生と連携をとり役割分担を行っていますので、普段はかかりつけの医院で診療を受け、病院で検査•治療が必要なときに紹介をしていただき受診していただくことようにしています。

当院の呼吸器内科では総合病院である特徴を生かし、院内他科と密接に連携し診療を行い、他職種(看護師、薬剤師、リハビリ科、放射線科、臨床工学科など)と協力しチーム医療を実践することで良質な医療を提供することにつながると考えています。高齢化社会を迎え、複数の疾患を持し、診断されていない疾患が隠れている方も多いことから、専門に片寄った診療に終始することにならないように心掛け、地域のニーズに基づき、患者さんの立場に立った全人的包括的医療を提供したいと考えています。

[診療体制]

当院の呼吸器内科は、常勤スタッフおよびその他の医員から構成され、チーム医療を行っています。外来診療に関しては、午前中の診療枠に新患担当医師がおりますので、事前に病診連携室を通して開業医の先生から予約していただくと、よりスムーズな診療ができますのでご協力をお願いいたします。午後の診療枠は再来および特殊専門外来(禁煙、睡眠時無呼吸)となっています。発熱患者で呼吸器感染症が疑われる場合は新型コロナウイルスの検査を含めて隔離されたエリアで診療をで行います。検診などで胸部X線写真に異常を認められ、ご紹介を受け受診された場合は胸部CTを撮影し、その後画像カンファレンスを開き診断・治療方針を検討しています。肺癌などのように治療の選択肢がいくつか存在する場合は、呼吸器内科医、呼吸器外科医、放射線科医、病理医がカンファレンスを開きガイドラインなどに則した治療法を検討し患者に提案しています。肺癌に対する化学療法は、最新の国内外のガイドラインや論文報告を参考にしてエビデンスに基づいた薬剤を選択しています。また外来治療センターにおいての化学療法も行っており、患者が従来の生活をなるべく維持しながら治療との両立ができるように相談して治療方法を決めていきます。

入院診療に関してはいずれの病棟でも呼吸器疾患全般に通じたスタッフがおります。肺炎などの肺感染症、肺がん、気管支喘息発作、間質性肺炎、ARDS(急性呼吸促迫症候群)などの急性呼吸不全、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、慢性呼吸不全の急性増悪、睡眠時無呼吸症候群など、入院治療が必要な疾患を中心に治療にあたっています。治療方針の決定は、カンファランスを毎週開催し多くの医師が意見を出し合い治療方針を検討し、患者に一定レベルの診療を提供できる体制を整えています。肺がんに関しては、呼吸器外科、呼吸器内科、放射線科、病理診断科の各専門医がそれぞれの症例に対して画像所見、病理検査を含めた検査所見に基づき、それぞれの症例に対する治療法を包括的に議論する場(キャンサーボード)を設けています。

 

主な対象疾患と診療内容

1. 肺炎などの呼吸器感染症

呼吸器感染症は、臨床症状や画像診断などで推定される起炎菌を塗抹・培養検査、血清学的検査、遺伝子検査などで検索を行い、適切な治療薬の選択を心掛けています。肺炎は日本人の死因の第4位になっており、死亡する方の大多数は75歳以上の高齢者です。慢性の病気を持つ場合や受診の遅れにより重症化することもあり、早期にかかりつけ医を受診し相談することをお勧めします。症状は、咳、痰、胸痛、呼吸困難、などの呼吸器症状と発熱、全身倦怠感などの全身症状が見られることが多いです。高齢者では食欲不振、活動性の低下、会話の減少、など漫然とした症状の場合もあります。また2019年に発生した新型コロナウイルス感染症は、全ての年齢層に感染を生じますが、ウイルス性肺炎が発症した時に、高齢者や基礎疾患のある方でより他の臓器障害が増悪し重症化する可能性が非常に高くなります。

  1. 病院外で社会生活を営んでいる人が発症した肺炎を市中肺炎、病院へ入院後2日以上経過してから発症した肺炎を院内肺炎、市中肺炎と院内肺炎の中間の概念として老人保険施設や在宅介護、長期療養型病院に入院している方に発症した医療・介護関連肺炎、と分類する場合があります。

  2. 肺炎と診断された場合は全身状態などに応じて本人や家族と相談し外来治療か入院治療を判断します。推定される起炎菌に対して抗菌薬の投与を開始し、起炎菌が確定した場合はその菌による肺炎に対して第一選択薬を選び治療を継続していきます。高齢者や合併症を持っている方は、誤嚥性肺炎を発症するリスクが高く、免疫力が低下していることで重症化する頻度も高くなります。日頃の口腔ケアが重要ですのでかかりつけの歯科の先生のもとでメインテナンスを受けることをお勧めします。

  3. 新型コロナウイルス肺炎で入院治療を行う場合は、その時々のガイドライン(新型コロナウイルス感染症 診療の手引き、など)に準じております。重症度、基礎疾患の有無、などにより治療法が異なります。

  4. 気管支拡張症を基礎疾患にもち細菌が慢性持続感染している場合は、細菌を減少させることが症状の改善に役立つ場合もあります。多くの細菌が慢性持続感染や繰り返す急性増悪の原因となります。ヘモフィルス・インフルエンザ、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、肺非結核性抗酸菌であるマイコバクテリウム・アビウム、真菌のアスペルギルスなどです。気管支拡張症は一つの病気ではなく、いろいろな原因で、特に気道の炎症で気管支壁の弾性線維、筋組織、軟骨などの構造が損傷・破壊されて生じた疾患で不可逆的な変化です。特効薬はありませんが、症状に応じて主治医と相談し根気強く治療を続けることが重要です。気管支拡張症で痰が多い場合は喀痰ドレナージによる気道のクリーニングが有効です。薬物治療としては炎症の抑制により痰の産生を減らすことを目指す治療や、痰の喀出を促す治療を目標とします。

  5. 新型コロナウイルスは人から人へ感染するウイルスです。新型コロナウイルス感染症における感染予防策は不織布マスクの着用、手洗いなどの手指衛生、屋内では十分な換気、が基本となります。またワクチン接種が発症抑制や重症化に有効であることが認められています。もともとは風土病であったものが、人の移動が盛んになったため短期間に世界中に広がるとともに、一旦日本に輸入されたウイルスにより日本の中でも急速に感染拡大が生じました。このことから、新しい生活様式や3密回避、国内外の移動制限など、数々の感染拡大にたいする予防策が策定されました。現在、入院時はSARS-CoV-2のスクリーニングは必須で、また陽性で入院が必要な方は隔離が必要です。今後も感染症の発生動向により診療体制を変更していく必要がありますので、ご理解をお願いいたします。

  6. 肺結核は1945年以前日本では多くの方が潜在的に感染している病気でした。最近はあまり関心が持たれていないかもしれませんが依然として重要な感染症で、日本ではまだまだ患者の発生が見られます。結核菌は多くの場合人の肺の中で増殖する菌で、人から人へ空気感染をします。結核菌の増殖は非常に緩徐で咳、痰、血痰、胸痛、などの呼吸器症状や発熱、全身倦怠感、食指不振、体重減少、などの全身症状が出現した場合は病状が進行していることが多いのですが、結核菌を同定し確実に診断を行い、医師の指示のもとで抗結核薬を確実に内服すること治癒することができる病気です。排菌している場合は専門病床を持つ病院での入院治療が必要ですが、治療が進み排菌がなくなれば外来治療が可能になります。薬の副作用が見られることがあるので、医師や薬剤師、訪問看護師・保健師などの指示を守っていただき治療を受けていただきます。

 

 

2. 肺がん


日本全体では年間12万人以上の方が肺癌と診断され(2018年)、7万5千人以上の方が亡くなられており(2019年)、死亡者数が最も多い癌であり今後も増加していくと予想されています。肺がんの発生に関わる危険因子として喫煙があります。喫煙者は非喫煙者と比べ男性4.4倍、女性で2.8倍肺癌になりやすく、禁煙してもすぐにリスクが下がるのではなく発症率と死亡率は20年前の喫煙率との関連が強く示唆されています。また副流煙も肺がんのリスクを高めることが知られております。タバコを吸わない女性で受動喫煙があるグループは、受動喫煙がないグループに比べ肺腺癌になる率は約2倍に高まると示されています。しかし、アジア人の女性の肺がん患者ではでは喫煙歴がない方も多く、発がんに関わるドライバー遺伝子の関与が示唆されています。 

肺がんの治療は化学療法、放射線治療、外科治療、緩和医療を患者様の状態に応じて組み合わせて、個別の治療計画を立てていきます。手術適応は当院の呼吸器外科医とカンファレンスで検討し、放射線療法は最新の放射線3次元治療計画装置を用いており放射線科医と連携して行っています。難治性の肺がんですが、近年治療上の進歩がみられ新しい抗がん剤治療が多く開発されております。肺がんの発生や進展に強く関わる癌遺伝子(ドライバー・オンコジーン)を狙い撃ちする分子標的治療薬として、EGFR変異、ALK融合遺伝子、ROS-1融合遺伝子、BRAF V600E変異、METex14skipping、NTRK融合遺伝子、の遺伝子異常に対する阻害薬を現在臨床で使用でき、従来の抗がん剤を超える有効性を示しております。当院では病理検査を行った検体において、分子標的治療薬が有効かどうかを調べる検査を行い、適応のある患者さんには、これらの治療を積極的に取り入れております。分子標的治療薬を使用できる方は、治療過程においても分子標的治療薬の感受性や獲得耐性を検討し、 適切な治療薬を選択し、抗がん剤治療との適切な組み合わせにより、従来の抗がん剤のみの治療より長期の生存期間が得られるようになっております。従来の肺がんに対する治療は小細胞肺がん、非小細胞肺がんに大別されそれぞれの病期別に治療方法を選択してきましたが、最近の臨床研究の成果で、非小細胞肺がんでは臨床病期、組織型や癌遺伝子の変化により抗がん剤の有効率が異なる事がわかってきました。これらの情報を患者様の治療に反映させるためには、病理組織検査と病期を診断するための全身の検査を行う事が必要です。肺がん化学療法はエビデンスに基づいた多剤併用療法を行い、QOL(生活の質)を考慮し、外来での化学療法も状態が可能である場合は行っております。10年前と比べ肺がんの治療を受けている方の生存期間は伸びており、70歳以上でも化学療法群の1年生存率は60%を超える成績です。2015年から保険収載されている癌免疫を再賦活する免疫チェックポイント阻害薬については、適応のある場合は治療の選択肢として説明を行い投与しております。この治療は従来に抗癌剤とは作用機序が異なり副作用も異なるため、適切な管理のもとで治療行うことが必要です。さらに当科では新しい抗がん剤の組み合わせによる治療効果の安全性や有効性を調べるための臨床試験に参加しております。以上のことをご理解の上、自分の病状と治療法の選択については主治医と十分ご相談していただき、納得して治療に望んでいただく方針です。

特に緩和医療は症状が見られる方に治療初期から行う事が必要です。
肺がん以外にも縦隔腫瘍悪性胸膜中皮腫などの胸部の腫瘍の診断、内科的治療も呼吸器内科で行っております。
詳細については、胸部の腫瘍をクリックしてください。

「がん診療について」のページへ

 

3. 気管支喘息


気管支喘息は、吸入ステロイド(長時間作用型β2刺激薬との配合薬を含む)を中心とした治療を行っており、他にテオフィリン徐放製剤、ロイコトリエン受容体拮抗薬、などを組み合わせることにより近年では入院を要する発作を起こす患者が減少しています。発作が起きないときの喘息や合併症の管理が発作の予防に重要となります。難治性喘息に対しては生物学的製剤による効果が期待できる場合は患者と医師が相談し治療を行なっています。
外来通院患者数は各種疾患の中で一番多く、ピークフローメーターによるモニターや、気道における好酸球による炎症を反映する呼気中のNO(一酸化窒素)の測定などにより客観的に把握し、日頃の喘息管理に役立ていただいております。

詳細については、気管支喘息ページをクリックしてご覧ください。

 

4. COPD(慢性閉塞性肺疾患)


COPD(シー・オー・ピー・ディー)とは

「Chronic(慢性) Obstructive(閉塞性) Pulmonary(肺の) Disease(疾患)」の頭文字をとったもので、肺気腫、慢性気管支炎など肺胞や気管支の慢性炎症により気流が閉塞される疾患の総称です。そのほとんどがタバコの煙を吸い込むことによって起きます。喫煙者はもちろん、非喫煙者も受動喫煙によって、間接的にたばこの煙を吸い込むことでCOPDになります。

COPDの患者は年々増加して日本では年間530万人以上に上るといわれ、死亡率も増加傾向にあり、現在死亡率の第10位、2020年には第3位になると予測されています。
症状は早期には無症状ですが、病気が進行すると風邪でもないのに咳や痰がつづき、呼吸するときにゼーゼー、ヒューヒューしたり、階段、坂道では息苦しさが出てきます。さらに進行すると安静時でも呼吸困難を感じるようになり、食欲不振、痩せ、活動性低下など日常生活に支障をきたすことになります。

COPDは早期診断、早期治療が原則です。診断のための検査は喫煙歴を含めた問診、胸部レントゲン、胸部CT、肺機能検査、動脈血の中の酸素、二酸化炭素測定などです。
CT所見では肺胞が拡大して融合し、嚢胞状になり、いわゆる気腫(空気の塊り)の像として見られます。肺機能検査では気道の閉塞を示す1秒率(1秒間にどのくらい空気を吐けるか)が低下します。肺での換気ができないため、動脈血では酸素は低下し、二酸化炭素が上昇します。

診断がついた場合は、喫煙者はまず禁煙です。受動喫煙のこともありますので、まわりにタバコを吸っている人がいれば、禁煙してもらうことです。

治療薬はβ2刺激剤(気管支を拡げる作用があります)、抗コリン剤(気管支の収縮を抑制し、痰の分泌を抑える)、テオフィリン徐放製剤(気管支を拡げる作用や呼吸筋力の増強作用)、去痰剤(痰を柔らかくして切れやすくする)、ステロイド剤(気管支の炎症を抑え、気管支のむくみを取り、痰の分泌を抑える)、抗生剤(細菌感染を抑制します)などがあり、症状に合わせて使用します。

COPDで破壊された肺は元に戻らないため、呼吸リハビリを行ったりして進行をくいとめます。進行して呼吸不全になった場合は、在宅酸素療法を行います。当院では現在約150人、患者別にはCOPD62%、結核後遺症23%、肺線維症5%、肺がん5%、先天性心疾患1%、に施行しており、在宅看護ステーションと連携して患者さんのQOL向上に寄与しています。

 

5.禁煙外来


喫煙は肺気腫、肺がんなど呼吸器疾患のリスクを高めるだけでなく、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化などの血管病変の誘因になり、メタボリックシンドローム、歯周病、などとの関連もあります。さらに受動喫煙でタバコを吸わない方にも影響します。努力しても禁煙できないかたはニコチン依存症という病気ですので、病院での治療をお勧めします。

当科では、自力で禁煙できない方のため禁煙外来を設けております。バレニクリン(内服薬)、ニコチンパッチ(貼付薬)での治療を(8週間~12週)行っております。保険での診療(一部除外)もできます。

当院の禁煙外来での成績(2020年4月1日~2021年3月31日)  ※( )内は2019年度
受診者 成功者 脱落者 成功率
20名(24名) 15名(18名) 5名(8名)
15名中7名は禁煙成功

75.0%(75.0%)

診察日:毎週火曜日15時~17時

予約制ですので当院呼吸器内科外来(内線238)にお問い合わせください。

 

6.間質性肺炎


間質性肺疾患は、肺の構造を構成している間質というところ(非常に薄い肺胞の壁、など)に炎症が起きる病気です。炎症が進み線維化が進行すると肺胞が厚くなり硬くなります。その結果肺の毛細血管の中に酸素を取り込めなくなったり、肺の構造が壊れ硬くなり肺の収縮ができなくなる病気です。初期には無症状の方もいますが、進行すると咳や労作時の呼吸困難を自覚します。原因は多彩で、膠原病などの自己免疫疾患に合併(膠原病肺)、職業や生活上での粉塵吸入(塵肺)、薬剤・漢方薬やサプリメントに対するアレルギー(薬剤性肺炎)、生活環境にある細菌・カビ(真菌)・ペットの羽毛などを繰り返し持続的に吸入すること(慢性過敏性肺炎)、喫煙などの影響(急性好酸球性肺炎)、放射線治療の影響(放射線肺臓炎)、他にも原因が確定できない慢性好酸球性肺炎、サルコイドーシスに合併するもの、など多くの疾患があります。原因を特定できない間質性肺炎を特発性間質性肺炎と言いますが、病理診断により主要な特発性間質性肺炎(7つ)・まれな間質性肺炎(2つ)・分類不能型間質性肺炎(1つ)、の3分類で計9つの病型があります。最近では主要な間質性肺炎の中に自己免疫疾患の様相を伴う間質性肺炎が慢性線維化を示すのでここの一つのカテゴリーに入れる場合があります。頻度が高い特発性間質性肺炎は特発性肺線維症で、次に特発性非特異性間質性肺炎、特発性器質化肺炎の順になります。疾患及び病状の診断のためには問診、身体所見、画像検査、呼吸機能検査、血液検査、及び必要に応じて気管支肺胞洗浄、経気管支肺生検または胸腔鏡下肺生検手術を行い肺病変の病理診断を行い、病型を評価•把握したのちに治療方針を決定します。病理検査は負担を伴うため患者の状態により行うかどうか判断します。治療は、病態が慢性進行性の線維化を生じる病態で抗線維化薬の保険適応がある病型では、進行を遅らせることができる場合がありますが効果には個人差があります。その他の間質性肺炎の中には免疫抑制剤、副腎皮質ホルモン剤、などの薬の効果が期待できる場合がありますが、カンファレンスで検討し患者に治療方針をご説明しています。

 

7.睡眠時無呼吸症候群


睡眠時無呼吸症候群は、重症例に対してnasal CPAP(経鼻陽圧呼吸)療法を導入しています。
詳細については、こちら のページをクリックしてご覧ください。

 

8.気胸


気胸は、原則的に初発患者では内科的に胸腔ドレナージ術、難治症例や再発患者には外科でビデオ下胸腔鏡下手術を施行しています。

 

受診時のお願い


かかりつけ医がある場合、可能な限り紹介状を持参してください。

 

診療実績

令和2年度の実績  ※( )は、前年度実績
外来患者延べ数 23,001名
外来化学療法患者数 845名(602名)
紹介患者数 月平均111.4名 総計1,337名
逆紹介患者数 月平均80名 総計961名
新入院患者数 1,161名
平均在院日数 12日
気管支鏡件数 139件(179件)
PSG検査(簡易) 295件(219件)
PSG検査 189件(61件)
外来:在宅酸素療法 105人
外来:非侵襲的陽圧換気(NPPV)療法 4人
外来:経鼻的持続陽圧換気(CPAP)療法 545人
外来:二相式気道陽圧呼吸(ASV)療法 3人
疾患別入院症例数 肺炎などの呼吸器感染症 329例(524例)
肺真菌症 9例(11例)
抗酸菌感染症 14例(22例)
間質性肺炎 97例(78例)
肺癌 323例(426例)
悪性胸膜中皮腫 8例(0例)
縦隔腫瘍 2例(4例)
肺気腫 31例(69例)
気管支喘息 26例(38例)
気胸 38例(54例)
睡眠時無呼吸症候群 187例(180例)
その他 155例(288例)

 

検査・診療設備


検査・診療設備

  • CT検査(全身、3D マルチCT16、64列)
  • MRI検査(全身、3.0T、1.5T)
  • シンチグラフィー、ガンマカメラ(SPECT)
  • 終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査

放射線治療

  • ライナック(マルチリーフ型)
    治療計画(X線シミュレータ、コンピュータ治療計画装置)認定施設
    日本呼吸器学会認定施設 日本呼吸器内視鏡学会認定施設

  

スタッフ

医師 資格
神 靖人
じん やすと
部長 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
気管支鏡専門医・指導医
がん治療認定医
日本医師会認定産業医
東京医科歯科大学医学部臨床教授
博士(医学)
榊原 ゆみ
さかきばら ゆみ
部長

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
気管支鏡専門医
日本アレルギー学会専門医
東京医科歯科大学医学部臨床教授
博士(医学)
インフェクションコントロールドクター

井上 幸久
いのうえ ゆきひさ
医長 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
気管支鏡専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医
博士(医学)
島田 裕之
しまだ ひろゆき
医長 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
気管支鏡専門医・指導医
がん治療認定医
原 哲
はら てつ
医長 日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
竹山 裕亮
たけやま ひろたか
医員 日本内科学会認定内科医 
山本 遼
やまもと りょう
医員  
朝尾 菜津美
あさお なつみ
医員   
春原 涼
すのはら りょう
医員   
山崎 啓一
やまざき けいいち
部長 医療連携センター長
禁煙外来担当
小林 亜紀子
こばやし あきこ
部長

健康管理センター長
睡眠時無呼吸外来担当
気管支鏡専門医
日本内科学会認定内科医

吉村 信行
よしむら のぶゆき
非常勤 1959年生まれ 旭川医科大学医学部卒
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医

医学生および医師の方で、当院呼吸器科の見学、研修内容等の説明を御希望の方は、お気軽に連絡を下さい。
総務課 TEL:0463-32-1950

国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.