脳神経外科

脳神経外科

診療方針

脳卒中センターにて急性期の集約的治療を行っています。
神経内科と連携し24時間対応可能ですので脳卒中が疑われる場合にはいつでもご連絡ください。
血栓溶解療法(tPA療法)ほか最先端の外科的、内科的治療が可能です。
脳腫瘍、機能的脳神経外科、脊髄疾患など幅広く対応しています。
手術を始めとして放射線治療・化学療法を含め集学的治療を行っています。
これらの疾患が疑われる場合には外来診療日に限らず対応いたしますので脳神経外科スタッフまでご連絡ください。

救急患者には随時対応いたします。

 

主な対象疾患と診療内容

脳血管障害

脳血管障害は診療の中核をなすところです。
脳卒中センターでは神経内科と協力し、24時間365日、脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作などが含まれます)に対する高度な救急医療体制を確立しています。
CT検査、MRI・MRA検査、脳血管撮影などをすぐに行って的確な診断をしたのちに、必要例に対しては血栓溶解療法(tPA療法)や緊急開頭手術あるいは血管内治療を施行しています。
また慢性期に外科的治療が必要となる内頸動脈狭窄に対する内膜剥離術やステント術、慢性脳虚血に対するバイパス手術も行っています。
当センターでは他科、看護師、PT(理学療法士)、OT(作業療法士)ST(言語療法士)など豊富なリハビリスタッフと密に連携して集約的治療を行い患者さんの早期回復に非常によい成績を残しています。
その他脳ドックなどで偶然見つかった未破裂脳動脈瘤や脳動静脈奇形などの血管病変に対しても病変の大きさ、部位、患者さんの年齢、状態から総合的に判断し開頭手術、血管内手術、放射線治療など様々な対応が可能ですのでご相談ください。

 

良性腫瘍手術

脳腫瘍の中で髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫などの良性腫瘍に対する手術は脳神経外科としてもっとも技術が要求されるところであり、頭蓋底外科のテクニックを駆使して安全かつ確実な手術を心がけています。
神経膠腫、転移性脳腫瘍、中枢神経系悪性リンパ腫、胚芽腫などの悪性脳腫瘍に対しては手術、放射線療法、化学療法、免疫療法を包括的に施行しています。
他院との連携でガンマナイフ、サイバーナイフなどの定位放射線治療も組み入れています。

 

その他

その他、三叉神経痛・顔面けいれんに対する神経減圧術、脊髄脊椎疾患に対する手術も幅広く行っています。
脳卒中の場合は神経内科と連携し24時間いつでも対応いたします。

【頭痛】
原因はさまざまですが中にはクモ膜下出血、脳腫瘍など重大な疾患も含まれているので注意が必要です。
問診、CT、MRIなどで診断します。

【歩行障害、運動麻痺、呂律障害、失語】
脳卒中、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫などが疑われます。
CT・MRI検査が必要です。

【意識障害、意識消失】
脳腫瘍、脳卒中、水頭症、てんかん、他、原因はさまざまです。
CT・MRI、脳波検査などが必要です。

【手足のしびれ】
脳疾患のほか脊椎脊髄疾患、末梢神経障害の可能性があります。

【顔面のけいれん、痛み】
脳神経を血管が圧迫して起こることがあり、この場合は手術で治すことができます。

【頭部外傷】
遅発性に出血することがあるので注意が必要です。

【脳血管障害】
くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作などの脳卒中、
未破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形、モヤモヤ病など

【脳腫瘍】
髄膜腫、聴神経腫瘍、脳下垂体腫瘍、頭蓋咽頭腫 神経膠腫 転移性脳腫瘍、
中枢神経系悪性リンパ腫など

【頭部外傷】
脳挫傷、外傷性くも膜下出血、硬膜下血腫、硬膜外血腫など

【その他】
水頭症など

 

スタッフ

医師 専門分野 資格
小島 昭雄
こじま あきお
部長 血管内治療、
脳血管障害
平成6年横浜市立大学医学部卒 
日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
櫛 裕史
くし ゆうじ
  脳神経外科一般  平成23年金沢大学医学部卒
林 貴啓
はやし たかひろ
     
国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院

〒254-8502 神奈川県平塚市追分9-11 TEL 0463-32-1950

お電話、おかけ間違えの無い様ご注意ください。

※17:15~翌8:30までは、内容によってお応えできないものがございます。ご了承ください。

Copyright(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.